JAP ONLINE SHOP NEWS

【誕生石:6月 パール】



6月の誕生石のその2、パールのお話し。

◆パール(Pearl)<和名:真珠>

英語のパールの語源はラテン語の"Pernula"ですが、
日本語の真珠は山で採れる美しい石を『玉(ぎょく)』ということに対し、
海で採れる美しい『玉』を『珠(たま)』と言うことから付けられた名前です。
因に"Pernula"はラテン語でムラサキガイの一種の名前です。


パールの起源

パールは紀元前3200年頃の古代エジプトで既に知られていたようですが、
宝飾品として使われるようになったのはもう少し後の時代です。
パールは宝飾品としてだけでなく、薬として珍重されました。
現代では真珠タンパク質コンキオリンが認められ、
抗酸化作用の効果が証明されています。
紀元前40年頃、クレオパトラの時代。
パールはとても高価で中には一粒で国がいくつも買える程でした。
その高価なパールをクレオパトラは酢に溶かし飲んでいたそうです。
日本でも真珠の記述は日本書紀や古事記、万葉集などに見られ、
万葉集には真珠を詠んだ歌が50首以上もあります。


パールに宿るパワー

パールは母貝に守られていることから、強い守護のパワーを持つそうです。
また別名『月のしずく』や『人魚の涙』とも言われ、
6月のもう一つの誕生石・ムーンストーンと似たイメージである『邪気払い』、
『悪霊退散』のパワーもあるといいますが、
これは後年に故意に近づけられたイメージかもしれません。


JAP工房がお勧めする6月の誕生石=パールを使ったジュエリー

以前からのJAP工房製品ファンの方には意外なことかもしれません。
パールというアイテムがJAP工房製品には似合わないイメージが有ったからです。
でも、昨年デビューしたこのリングには小さなパールがきっちりと並び、
とてもしっとりとクオリティーの高いものになりました。

[Janne de Barbara]
Janne de Barbara
このバーバラのリングは同じデザインでティアラ部分がゴールドのもの有ります。

[Janne de Barbara Gold Combination]
Janne de Barbara Goldcombi
よりゴージャスで少しアンティークなイメージです。

そして、先月から発表されている誕生石のシリーズにもパールが有ります。

[Drop Petal]



6月の誕生花

誕生月には誕生花といういうものも設定されていました。
6月の誕生花はナデシコ科のかすみ草です。
花言葉は感謝、切なる喜び、清い心
いつものブーケでは脇役に回りがちのかすみ草ですが、
思い切ってたくさんのかすみ草の花束を
パールをあしらったジュエリーと一緒に贈るのもいいかもしれません。


パール(真珠)に思うこと

真珠は誕生石と言っても元は生き物です。
3月のサンゴとともに他の鉱物とは少し違います。
もともと貝の体内に入った異物から自らの身を守るために
異物の周りに作った殻が真珠の本体です。
自己防衛のための貝の本能の生産物があまりに美しかったため、
その身を破滅に追い込むことになるとは、皮肉なものです。



テーマ:リング・ネックレス・ピアス・イヤリング - ジャンル:ファッション・ブランド