JAP ONLINE SHOP NEWS

【誕生石:5月 エメラルド】


5月の誕生石はエメラルド

◆エメラルド(Emerald)<和名:翠玉>

語源はサンスクリット語のスマラカタに由来し、
ギリシャ語のスマラグドスからラテン語のスマラグダスへ、
そして古代フランス語のエスメラルダと転訛し現在のエメラルドに。
宝石の言葉は「不滅」、「清廉潔白」、「幸福な妻」


エメラルドの宝石としての起源

エメラルドの宝石としての歴史的起源は紀元前4000~5000年と遡ります。
緑色の美しいこの石は木々の葉の色を表し、自然の豊穣に通じ、
ローマ神話では庭園と耕作の女神とされているヴィーナスに捧げられました。
古代エジプトでは彼の女王クレオパトラがエメラルドをこよなく愛し、
エジプトにあった当時世界最大のエメラルド鉱山の名前を
クレオパトラ鉱山と変えたほどでした。
しかし、初期のキリスト教徒は、
緑色で象徴される豊穣信仰を異教の信仰と考え嫌悪したため、
エメラルドも嫌ったといいます。


童話の中のエメラルド

数々の宝石は神話の中に頻繁に登場しますが、エメラルドは重要な役割で童話の中にも登場します。
『オズの魔法使い』です。オズの魔法使いはエメラルドの都に住んでいます。
緑色の色メガネをかけて見るエメラルドの都はまがい物です。
それでも、弱いものに勇気を与え、自信のないものに力を与えるオズの魔法使い。
エメラルドはそんな不思議なパワーの象徴なのでしょうか。


JAP工房がお勧めする5月の誕生石=エメラルドを使ったジュエリー

今回は、誕生石をクローズアップしたこの新製品を紹介します。
ブランドは[BARBARA]。
[Drop Petal Silfeed](ドロップペタル・シルフィード)です。

  

多くのペンダントトップの上につく「バチカン」(琵琶や三味線のバチの形のカン=環)を
バーバラ的にアレンジ。『DROP PETAL』(滴る花びら)と名付けました。
各月の誕生石をセットすることが出来ます。
ベーシックはバーバラの中では珍しい冠を被っていない「シルフィード」です。
シンプルな「シルフィード」が誕生石を頭に飾ってゆらゆら揺れます。

エメラルドは、4月に紹介した[BARBARA]の[TIARA/REGARD]リング

TIARA (REGARD)

にも登場します。

近々他の月の誕生石を抱いた『DROP PETAL』を発表します。
お楽しみに。


守護石としてのエメラルド

エメラルドは5月の誕生石であると同時に、蟹座の守護石です。
蟹座は6/22~7/23日生まれの方の星座。
日本では5月には若葉が芽吹き、6月後半には梅雨が明け、一斉に緑が生い茂る季節となります。
輝く緑色の美しいエメラルドは、そんな季節にぴったりな宝石です。

テーマ:リング・ネックレス・ピアス・イヤリング - ジャンル:ファッション・ブランド