JAP ONLINE SHOP NEWS

『Guild-unitの作家たち Designer編』 : BARBARA



特集『Guild-unitの作家たち』は

JAP工房がコアとなって作る作家集団

“ GUILD-UNIT ”の中から、

オンラインショップで作品を扱っている

ブランドをピックアップ。

ブランドの成り立ちや作品、作家自身について紹介する。



3回続けた『Silversmith編』をひとやすみさせて、
今回は『Designer編』を。
その第1回はJAP工房を代表するブランドの1つ
『 BARBARA 』を取り上げたい。
まず準備回として、
『 BARBARA 』の基本をお伝えしようと思う。
※BARBARAファンの方にとっては
 すでにお馴染みの内容となりますのでご了承下さい。

barbara_top 



『 BARBARA 』はYOU-KOが
世界観を妄想(=デザイン)し、
阿光(故・浜口順二)と、
月光ことカワカミノボルが原型制作を担当している。
今回は『Designer編』なので、
YOU-KOにスポットをあててみたい。


YOU-KO

上の写真は先日の『JAP NIGHT』での彼女。
とにかくいろいろなことをやっていて
忙しくしているのが
YOU-KOという人物の印象だが、
簡単に言うと「妄想家」。
常にいろいろなことを妄想し、
その妄想を実行に移す。

『 BARBARA 』はその彼女の妄想を
拡げるフィールドの1つと言っていいだろう。
今の流行の言葉だと「想像のツバサ」を広げる場所。

だから『 BARBARA 』の主人公たちは
翼を持っているのかもしれない。

Barbara Jr. Ring Pussy Knight Ring 
※写真をクリックすると商品サイトにリンクします。

「2000年の頃にカワカミ(JAP工房代表)の手慰み的な塑像の1つから生まれたのがバーバラなんです。インダストリアルをテーマに、ノスタルジックな工業部品で構成されたスチームパンク的な造形物たちで。その中に“お尻コウモリ”がいたんです」

実は『BARBARA』のご先祖はカワカミのアイデア。
それをYOU-KOが妄想して
『BARBARA TALES』という物語へと発展させた。

ちなみに“お尻コウモリ”は
「ケツバット」とカワカミから呼ばれていたが、
YOU-KOによって禁止されたらしい・・・・。

YOU-KOの頭の中には
いつもコイツらが飛び回っているようで、
『 BARBARA 』のブランドの説明を聞いていても
いつのまにか目をキラキラさせながら
『BARBARA TALES』を語っている。

「妄想したことはすぐに言っちゃって、それが具体的にどうなるのかは考えていないことがありますね。絵に描いてみて、物語を書いてみて。こんな感じ?って」

『BARBARA』の原作が
『BARBARA TALES』というわけではない。
YOU-KOの妄想が物語の断片として生まれ、
それを新たな妄想が紡いで『BARBARA TALES』になる。

「こういうキャラクターがいればおもしろいな、と思って絵を描いてみて、それがジュエリーとして商品になることもあるし、こういうジュエリーが欲しいな、と思ってキャラクターが生まれることもありますね」

だから断片として生まれたものが先に
『 BARBARA 』のジュエリーになっていることもある。
そしていずれ『BARBARA TALES』に登場する。

「ちゃんと頭の中では物語として繋がっているし、文字にもしているんですよ。ほら!」

と、見せられた『BARBARA TALES』のシノプシスの束。
とりあえず底なし沼な妄想であることが判明。





そんな訳で今回は『JAP工房作品集』(グラフィック社刊)に収録した
『BARBARA TALES』第1話を再掲載。
バーチャルブック版はこちら


※クリックで拡大します。


わたくしの名前は、
Princess Marie Barbara Jr.
いずれお母様の後を継ぎ、
Pussy Bat族を治めることになります。

この章では、わたくしが Pussy Bat族と
Queen Barbara家の人々についてお話いたします。

こちらの肖像は、わたくしのひいおばあちゃまにあたられる
Barbara一世様。
今もお元気で、Horry Barbara様と名のられています。
Pussy Bat族は、一生の最後の日まで大きくなり続けるので、
今、この星で一番大きいお方は、ひいおばあちゃまです。

Footnote:先祖代々受けつがれた燭台
 ひいおばあちゃまが大切にされている香水瓶
 わたくしの感では、魔法の水が この中に……


次の大変お美しい肖像は、もちろん、わたくしのお母様である
Queen Barbara様です。
 銀の冠は、普段のご公務の際にお冠りになられているようです。

右は、わたくしの妹姫で、
Princess Merry Morry Mirry Barbara
臣下の者達からは、親しみを込めて
Baby Barbaraと呼ばれ かわいがられています。
おすまししていますが、とっても甘えん坊さん。

Footnote:Barbaraお母様ご愛用の 香水瓶と、ネックレスやブレスレット
 わたくしも、着けてみたい!!
Footnote:わたくしが生まれた時につくって頂いたピアスやペンダント。
 Queen Barbara様を模したものと、一族に関わりの深いIron Crossのものがあります。



こちらは、Queen Barbara様の一番厚い信頼を授かる
Sgt. Pussy Knight Rosabis
彼は戴冠式の行進で、一番先頭を飛ぶ
Knight of Bleu Rosen Croiz=青い薔薇十字団の
団長も勤めたそうです。 

お友達のPussy Bat Middyと、
Cub兄弟、宝石を掲げているのが
兄のMarbas Cub、下が弟の Barbason Cub。
宮廷の仕事もこなします。
 マルバスとバルバゾンは、とてもそっくりなので
 いつもいれかわって、みんなをからかっています。

ゴージャスなブレスレットが置かれているのは、
Blue Agateのプレート。
Pussy Bat星では、青い石が沢山採れます。
一番多いのは、青くて柔らかい石=Azuliteですが ここにはありません。
同じ青い石の中でもSapphireは貴重で、高貴な石とされています。

Footnote:後ろに立っている石は、水晶、Fluerite, Smoky Quartz それぞれパワーを秘めています。


お祝いのお席でのQueen Barbara様。
金の冠をおかぶりになられて、
とても輝いていらっしゃいます。

そして、なんといっても女王陛下としてご即位された時のお姿には憧れます。
その日、戴冠式ではMuseコウモリとIron Crossがししゅうされたマントをはおり、
水晶でできたPussy Skullの杖を持たれていました。
Museコウモリは、Pussy Bat星の楽士です。
独特の方法で音楽を創ります。

この RubyとGreen Garnetをちりばめた金の冠は、
特別の日だけお召しになられます。

Footnote:ルリ色の金彩を施したコーヒーカップはお母様のお気に入り。
 銀製のスプーンには、お母様のお姿と、Barbara家の紋章がついています。
Footnote:お母様はお酒も大好き。Barbara家御用達Wine
Footnote:お母様のお化粧コンパクト
Footnote:わたくしは、このコウモリペンでこの本を書いています。

to be Continued.
Princess Marie Barbara Jr.

『BARBARA TALES』第1話に登場した
主なバーバラたち。
※写真をクリックすると商品サイトにリンクします。

Barbara Iron Cross Bracelet (6stones) Barbara Jr. Ring Pussy Knight Ring

Baby Barbara Ring  

Pussycub Ring (Oval Jewel) Queen Barbara Gold Crown Ring Coroneted Barbara Ring Gold

「『Guild-unitの作家たち Designer編』:BARBARA」第2回に続く・・・・・

BARBARAの取扱商品一覧はこちら
JAP工房オンラインショップ BARBARA

YOU-KOの最新情報はこちら
YOU-KO Facebook



テーマ:シルバーアクセサリー - ジャンル:ファッション・ブランド