JAP ONLINE SHOP NEWS

【誕生石:8月 ペリドット】


8月の誕生石はペリドット

◆ペリドット(Peridot)<和名:橄欖(かんらん)石)>

宝石言葉は、夫婦愛、幸福。
語源は、古代フランス語の「peritot」から来ていますが、
詳しい語源については不明です。


神話の中のペリドット

ペリドットはハワイに伝わるポロネシア伝説に登場する、
火山の女神・ペレのこぼした涙だと言われています。
これだけ聞くと、なんだか素敵なお話しに聞こえますが、
実は、若くて美しいペレは、醜い豚の神・カマプアアの求婚をはねつけ、
怒ったカマプアアと戦となりその結果負けて妻にされた「くやし涙」だとか。
また、古代エジプト王朝では、国家の象徴・太陽神に見立て、
崇めていたと伝えられています。
いずれにしても、和名の橄欖(かんらん)石のイメージより、
海の外の人々は、激しく、強い気性をこの石に見いだしていたようです。
だからこそ、真夏の8月の誕生石となったのでしょう。


JAP工房がお勧めするペリドットを使ったジュエリー

JAP工房のブランドの中で、[KAZUMA]にはペリドットを使ったジュエリーが多く有ります。
[KAZUMA]のジュエリーのほとんどのものにペリドットをセットすることが出来ます。

その中でも、これ。

降臨
[降臨]

「光臨」を冠して「降臨」する神のように神々しいリング、『降臨』。
ペリドットは脇石ですが、古代エジプト人にとっての太陽神を彷彿とさせます。

次は、このリング

一馬
[深海の海蛇]

薄明かりの深海を優雅に泳ぐ海蛇。かすかな光がオリーブ色の眼を照らします。
フリーサイズのリングですので、お買い上げ後のサイズ直しも簡単です。
お誕生日のさりげないプレゼントにも。

そして、

のぞき蛇
[のぞき蛇]

首を傾げたコケティッシュな小品。[KAZUMA]2005年のシリーズ。
ちなみにこちら、

一馬
[生まれ落ちた蛇]

こちらは[KAZUMA]1999年のシリーズ。[のぞき蛇]と比べてみて下さい。
少し、キュートでそれでいて大人っぽい。
[のぞき蛇]の方が、頭でっかちで、ポーズも暴れています。
もちろんどちらにも8月の誕生石・ペリドットをセットすることが出来ます。


真夏の夜のペリドット

ペリドットは、夜の闇の中でも妖しい輝きを放つことから、
「イブニング・エメラルド」とも呼ばれます。ゴールドとの相性が良く、
一緒に使用するとよりパワーが増すとか。
ペリドットはその美しい輝きを持っているにも関わらず、
希少性の薄さから比較的手に入りやすい宝石です。
金細工に施された誕生石・ペリドットを身につけ、
短い真夏の夜を謳歌してみてはいかが。




テーマ:リング・ネックレス・ピアス・イヤリング - ジャンル:ファッション・ブランド